セミナーは終了致しました

ベトナム人技術者
採用セミナー
〜5年でベトナム人技術者を
50名体制に〜

ベトナム人技術者 採用セミナー

製造業の人手不足は深刻です。

私たちもそうですが、求人サイト、ハローワーク、紹介会社などあらゆる手を使って募集しても有効なエントリーがありません。
仮にエントリーがあり、雇えたとしても定着せず、2〜3ヶ月で退職してしまう。

このような体験された製造業の経営者様にこそ、聞いていただきたい勉強会です。

  • 仕事はあるのに、人手が足りないのでできない。
  • 社員が高齢化している。
  • 人手不足を残業でカバーしている。
  • 社長が朝までやってしのぐ。
  • なかな高齢の技術者がいうことを聞いてくれない。
  • 現有社員が忙しくなり、結果として不良が増える。

人手不足で発生する負の連鎖が止まりません。

このような時代にも関わらず、技術者採用の難しさは変わっていません。

特に若い技術者の採用は難しい状態です。
仮に、若い技術者が獲得できても、高い離職リスクを抱えたまま教育しなければなりません。
2〜3ヶ月も立たず、辞めてしまったという事例は多数あります。

技術者の確保は、製造業経営における大きな課題の一つです。
どうしてよいか分からないまま、踏み出せていないのが現状ではないでしょうか。

私たちもそうでした。

私たちはこの問題をベトナム人技術者で解決しました。

ベトナム人エンジニアを採用始めたのは5年前ですが、「ベトナム人技能実習生」の採用は15年前から始めており、現在では50名の技術者を確保しております。

現在では、人手不足であれば、断らなければならないような仕事も受注できるようになりました。

今回の勉強会では、

私たちがベトナム人技術者を採用する前に不安だったこと、実際に採用してわかったことを15年の実績と経験からお伝えします。

  • 日本語ってどうなの?
  • 仕事を覚えるまでのスピードは?
  • 問題起こしたりしない?
  • 業務外の問題はどうしているの?
  • 現社員との関わりはどう?
  • 入国制限は影響あるの?
  • 日本人社員の待遇の違いは?
  • 給与はどうするの?
  • 具体的にいくら?
  • 辞めたらどうなるの?
  • 試用期間は設定できるの?
  • 採用前に何を準備するのか?
  • 内定出しまでの選考や出し方、手順などのフローは?
  • どんな人材が採用可能なの?
  • 書類選考(職務経歴書・履歴書)のコツとは?
  • 効率のよい面接の仕方や流れとは?
  • 入国前後に必要なサポートとは?(住居、ビザ)
  • 一人採用するのにいったい費用はいくらかかるのか?
  • エンジニアと技能実習生の違いは?

などを弊社の事例、実績を踏まえお伝えします。

セミナー概要

日時 2021年2月3日(水) 13:30〜15:00
会場 Zoomを利用して配信する動画配信型のセミナーです。インターネット環境があれば視聴可能です。
定員 なし
参加費 無料

お申し込みフォーム